スポンサードリンク

頻脈性不整脈

頻脈性不整脈は期外収縮、頻拍、粗動、細動の4つに分けられます。

さらに、異常が発生した部位によって、上室性(心房性)と心室性にそれぞれ分けられます。

期外収縮

不整脈全体の中で、最も多く見られます。

心臓のどこかで、よけいな電気信号が、通常より早いタイミングで突発的に生じるもので、健康な人にも良く見られます。

通常よりも早く心臓が収縮するので、どっくんと脈が飛ぶように感じることもありますが、多くの場合、自覚症状はありません。

心臓の病気が原因のこともありますが、睡眠不足や疲労、カフェインの取りすぎ、喫煙などによる自律神経の乱れが原因のことが多く、健康な人ではほとんど問題はありません。

頻脈

1分間の拍動が約150~250回になるものです。

上室性(心房性)頻拍

心房と心室をつなぐ電気信号の通り道が生まれつき1本多い場合や、防室結節が複数の中継ルートを持っている場合など先天的な刺激伝導系の異常によって起こります。

突然拍動が早くなり、はっきりと自覚できる不整脈です。

動悸、胸部不快感などの症状が現れますが、多くの場合自然に治まります。

治まるときも突然です。

心室頻拍

心室内で異常な電気信号が発生するために起こるもので、動悸のほか、失神を起こすこともあります。

心臓に病気がある人に多く見られます。

心臓が血液を十分に送り出せない状態に陥りやすく、突然死につながる心室細動に移行することもあります。


粗動

1分間の拍動が約300回になるもので、症状は頻拍と似ています。

心房粗動は先天的な刺激伝導系の異常によるもので、心室粗動は心室内で異常な電気信号の発生によって起こるものです。


細動

1分間の拍動が約400~500回になるものです。

心房細動

電気信号が心房のあらゆる所で発生し、心房が痙攣状態になり、強い動悸や胸の不快感が現れます。

心臓や甲状腺の病気がある場合や、大量の飲酒をきっかけにして起こることもあります。
自覚症状は強いのですが、直接、突然死につながることはあまりありません。

ただ、心房内での血流が悪くなるため、発作が長く続くと、心房内に血栓が出来やすくなります。

血栓が心臓の外に流れ出て、脳の血管に詰まると脳梗塞を引き起こす危険性があります。
心室細動

直接命にかかわる最も危険な不整脈です。

心室のあらゆる所で電気信号が発生し、心室が痙攣して収縮できなくなります。

心臓に電気ショックを与えて、発作をすぐに止めないと突然死につながります。

« 徐脈性不整脈 | メイン | 不整脈の見極め »