スポンサードリンク

不整脈の見極め

不整脈があっても、すべてが治療を必要とするわけではありません。

不整脈には命にかかわるものから心配の無いものまで、さまざまな種類があります。

自覚症状があったり、検査で不整脈を指摘されても、特に治療の必要が無いこともよくあります。

そのため、治療が必要な不整脈かどうかの見極めが、大変重要になります。

見極めのポイントとしては3つです。

①不整脈の種類

基本となるのは不整脈の種類です。

突然死を引き起こす心室細動、心室細動に移行する可能性のある心室頻拍、心室粗動は特に治療が必要です。


②心臓の病気の有無

不整脈以外に、狭心症や心筋梗塞、弁膜症、心筋症など、ほかの心臓の病気があると、不整脈の原因になったり、不整脈の重症化を招いたりします。

不整脈の治療だけでなく、不整脈以外の心臓病の治療も行います。


③自覚症状の強さ

危険な不整脈でなくても、動悸などの自覚症状が強くて、日常生活に支障が出たり、不安が強いときは医者に相談しましょう。

« 頻脈性不整脈 | メイン | 不整脈とは »