スポンサードリンク

不整脈とは

不整脈

拍動が早くなる頻脈性不整脈、遅くなる徐脈性不整脈がある。

心室が痙攣する心室細動が最も危険な不整脈で突然死につながる。


現状

近年、ライフスタイルの変化や社会の高齢化に伴なって狭心症や心筋梗塞が増えている中で不整脈も増加しています。

不整脈とは心臓の拍動のリズムや早さに乱れが生じる状態のことで、原因によっていくつかの種類があります。

なかには脳梗塞につながったり、突然死を招く危険な不整脈もあるので注意が必要です。

厚生省の調査によると、不整脈が原因で死亡した人の数は、1995年には約13000人でした。

その後、徐々に増え始め、2003年にはおよそ19000人まで増加しています。

また、心筋梗塞など、ほかの心臓の病気が死亡原因とされた人でも、直接の引き金は不整脈であることも多く、それらの人を含めると、不整脈が原因で亡くなる人の数は、年間5万から10万人に上ると推測されています。

心臓の仕組み

心臓は握りこぶしくらいの大きさで、内部は「右心房」「左心房」「右心室」「左心室」に分かれています。

1分間に60回~100回、1日では平均約10万回収縮(拍動)し、全身に血液を循環させています。

この拍動を制御しているのが、心臓が自ら作り出している電気信号です。

右心房にある洞結節で発生した電気信号は、まず左右の心房に伝わり、防室結節を経由して左右の心室に伝えられます。

一定のリズムで発生した電気信号が、心臓の各部位に正しく伝われば、心臓は規則正しく収縮を繰り返します。

しかし、この仕組みのどこかで以上が起こると、拍動のリズムが乱れたり、脈が速くなったり、遅くなったりします。

これが不整脈です。

不整脈には大きく分けて、通常の拍動(1分間に60~100回程度)よりも速くなる頻脈性不整脈、逆に遅くなる徐脈性不整脈の2つがあります。

« 不整脈の見極め | メイン | 救急救命法見直し »