生活習慣病の心臓病Top300) 救急救命法>救急の手順(旧バージョン)
スポンサードリンク

救急の手順(旧バージョン)

救急の手順

①意識の有無を確認

患者の肩を軽く叩いたり、軽く身体をゆすったりしながら、大きな声で呼びかける。


②119番通報とAEDの手配

反応が無ければ、119番通報とAEDの手配をする。

周りに人がいれば指示をして手伝ってもらうと良い。


③気道の確保

患者の額に手を当てて、もう一方の手で顎を上げて、気道を確保する。

患者の口に耳を近づけて、患者の胸が上下しているかどうか、呼吸の音があるかどうか、空気の流れがあるかどうかを確認する。

いずれもなければ人工呼吸を行う。


④人工呼吸

患者の口に2秒間くらいかけてゆっくり息を2回吹き込んだ後、自発的な呼吸やせき、身体の動きがあるかどうかを確認する。

いずれも無ければ、心臓マッサージを行う。


⑤心臓マッサージ

患者の左右の乳頭の真中に手に平の付け根が当たるように置く。

その上にもう一方の手を置く。

患者の胸が4~5cmへこむ位の強さで、15回押す。

肘は曲げずに、9~10秒間に15回程度のペースで行う。

AED又は救急車がくるまで、人工呼吸2回、心臓マッサージ15回を交互に繰り返す。

● AEDが届いたら

①電源を入れる

電源のボタンを押す。

種類によっては、ふたを開けると電源が入るものもある。


②電極を接続してください。

2つの電極バッドを患者の身体にはる。

貼る場所は電極パッドの台紙などに表示されている。


自動的に解析が始まる

機種によっては解析ボタンがあるばあいがある。


③患者から離れてください。解析中です、通電が必要です。

AEDが除細動が必要と判断すれば、自動的に充電する。

除細動が不必要な場合は、そのことが音声で伝えられ、通電ボタンを押しても通電しない仕組みになっている。


④患者から離れてください。通電ボタンを押してください。

患者の身体にだれも触れていないことを確認した上で通電ボタンを押す。

« 狭心症・心筋梗塞の症状 | メイン | 不整脈の治療 »