生活習慣病の心臓病Top100) 不整脈>不整脈で倒れたときは
スポンサードリンク

不整脈で倒れたときは

狭心症や心筋梗塞などを持っている人は、突然不整脈の発作を起こして倒れる危険性があります。

不整脈の中でも特に危険なのが、心室細動です。

心室が痙攣して血液が全身に運ばれなくなるため、突然死に至ることもあります。

心室細動が起きてから1分経過するごとに、生存退院率は約10%低下します。

しかし、周囲の人が119番して救急車が到着するまでには全国平均で約6分かかっています。

ですから、救急車が到着してからや、医療機関に運ばれてからの処置では間に合わないこともあります。

そこで重要になってくるのが、その場に居合わせた人による救命手当です。

救急車の到着までの適切な手当が、倒れた人の命とその後の回復の程度を大きく左右することになるのです。

心室細動による心臓の異常な拍動を元に戻すには、心臓に強い電気ショックを与える除細動という処置が必要です。

除細動はこれまで、医師や救急救命士など一部の限られた人しか行うことが出来ませんでしたが、2004年から自動体外式除細動器(AED)という装置によって、一般の人も行えるようになりました。

AEDは心臓の状態を解析し、除細動が必要ならば音声で指示を出します。

不要な場合は作動しない設計になっているため、専門的な知識が無くても簡単に使うことができます。

AEDは現在、医療機関を中心に、空港、学校、スポーツクラブなど多くの人が集まる場で普及しつつあります。

また、危険な不整脈を起こす可能性の高い人は、家庭や職場などにAEDを備えておくのも1つの方法です。

メーカーによって価格は異なりますが、市販されており、レンタルもあります。


突然倒れた人がいた場合、まずは意識の有無を確認します。

意識がない場合、119番通報をした後でAEDの手配をします。

周囲に人がいれば、頼んで探してもらうと良いでしょう。

そして、気道の確保と人工呼吸を行い、続けて心臓マッサージを行います。

AEDが届いたら、電源を入れて指示通りに使用します。

AEDがない場合は、人工呼吸と心臓マッサージを行って下さい。

救命を行った人が責任を問われることはまずありませんから、ためらわず、積極的に救命手当を行って欲しいと思います。

« 不整脈の治療 | メイン | 不整脈の診断 »