スポンサードリンク

不整脈の診断

不整脈は、主に「問診」と心電図検査で診断されます。

これらの検査で、不整脈の種類を調べるとともに、他に心臓の病気が隠れていないかどうかもチェックします。

心電図検査には、安静状態で行う安静時心電図や、運動負荷をかけて行う運動負荷心電図があります。

しかし、これらの検査中に不整脈が現れないこともあります。

発生頻度の低い不整脈をチェックするには、24時間の心電図を継続して記録する「ホルター心電図」や不整脈の症状を感じたときに自分で心電図をとる携帯型心電図記憶装置といった、小型の心電計を用いることもあります。

« 不整脈で倒れたときは | メイン | 徐脈性不整脈 »