生活習慣病の心臓病Top>300) 救急救命法
) 救急救命法

救急救命の手順(新)

救急の手順

①意識の有無を確認

患者の肩を軽く叩いたり、軽く身体をゆすったりしながら、大きな声で呼びかける。


②119番通報とAEDの手配

反応が無ければ、119番通報とAEDの手配をする。

周りに人がいれば指示をして手伝ってもらうと良い。


③気道の確保

患者の額に手を当てて、もう一方の手で顎を上げて、気道を確保する。

患者の口に耳を近づけて、患者の胸が上下しているかどうか、呼吸の音があるかどうか、空気の流れがあるかどうかを確認する。


普段どおり息をしているなら、様子を見守りながら、専門家の到着を待つ。


いずれもなければ人工呼吸を行う。

続きを読む "救急救命の手順(新)"

救急救命法見直し

救急救命法が見直されたというニュースが入りました。


一般の市民が行う1次救急救命の方法が変更されたそうです。


2006年9月7日朝日新聞夕刊

続きを読む "救急救命法見直し"

救急の手順(旧バージョン)

救急の手順

①意識の有無を確認

患者の肩を軽く叩いたり、軽く身体をゆすったりしながら、大きな声で呼びかける。


②119番通報とAEDの手配

反応が無ければ、119番通報とAEDの手配をする。

周りに人がいれば指示をして手伝ってもらうと良い。


③気道の確保

患者の額に手を当てて、もう一方の手で顎を上げて、気道を確保する。

患者の口に耳を近づけて、患者の胸が上下しているかどうか、呼吸の音があるかどうか、空気の流れがあるかどうかを確認する。

いずれもなければ人工呼吸を行う。


④人工呼吸

患者の口に2秒間くらいかけてゆっくり息を2回吹き込んだ後、自発的な呼吸やせき、身体の動きがあるかどうかを確認する。

いずれも無ければ、心臓マッサージを行う。


⑤心臓マッサージ

患者の左右の乳頭の真中に手に平の付け根が当たるように置く。

その上にもう一方の手を置く。

患者の胸が4~5cmへこむ位の強さで、15回押す。

肘は曲げずに、9~10秒間に15回程度のペースで行う。

AED又は救急車がくるまで、人工呼吸2回、心臓マッサージ15回を交互に繰り返す。

続きを読む "救急の手順(旧バージョン)"